1.どんな事故?
助手席で母親が抱っこしていて、前の車に追突。フロントガラスを破って前に飛び出した
2.場所は?
路上
3.大人は何をしていた?
両親はシートベルトをしていたが、子どもはチャイルドシートをしていなかった
4.誰が気付いた?
母親
5.家族の反応
ただちに救急車で病院へ
6.治療の経過
脳挫傷で3日後に死亡した
1.どんな事故?
ワゴン車の後方シートを倒して寝ているとき、交差点で車と衝突し、広い車内で転がった
2.場所は?
路上
3.大人は何をしていた?
運転
4.誰が気付いた?
母親
5.家族の反応
ただちに救急車で病院へ
6.治療の経過
幸いにも軽度の打撲のみですんだ
1.どんな事故?
先に横断した兄弟を追いかけて道路を横断しようと飛び出し、車にはねられた
2.場所は?
路上
3.大人は何をしていた?
子どもの見送り
4.誰が気付いた?
母親
5.家族の反応
ただちに救急車で病院へ
6.治療の経過
脳障害が重度であり、2日後に死亡
交通事故の原因・予防と対策
大人は

こどもの足が車輪に巻き込むのを防ぎます。
(ドレスガードやフットガードを装着)
補助椅子にこどもを乗せるときはベルトをつけます。
こどもには

交通量の多い所は、一人で自転車に乗せないようにしましょう。
上手に乗れるまで道路で乗せないようにしましょう。
身体に合ったサイズの自転車を与えましょう。
窓から顔や手を出さないようにしましょう。
常にドアには鍵をかけましょう。
チャイルドシートを使用し、後部座席に取り付けます。
ドアをしめるときは、指を挟まないよう気をつけましょう。
車の中にこどもだけおいて離れないようにしましょう。
自動車のまわりで遊ばないよう注意しましょう。
ハンドルやギアには触らせないようにしましょう。
こどもが歩くときはしっかりと手をつなぎ、大人が道路側を歩くようにしましょう。
車のそばで遊ばせないようにしましょう。
公園でこどもが遊んでいるときは、入口の近くに立って見守りましょう。
こどもが道路の向こう側にいたら、声をかけずにこどものもとへ素早く行きましょう。
道路で遊ばせないようにしましょう。
いきなり道路に飛び出さないように注意しましょう。
こどもが立ち上がったり、前方に身体を乗り出さないように注意します。