1.どんな事故?
赤ちゃんラックから落ちて、意識消失した
2.場所は?
居間
3.大人は何をしていた?
家事
4.誰が気付いた?
母親
5.家族の反応
救急車を呼んで病院で受診
6.治療の経過
CT検査で硬膜下血腫がみられ、1か月の入院をしたが、後遺症なく治癒した
1.どんな事故?
ワゴン車のドアに中から寄りかかっていた時、ドアが開けられ頭から落ちた
2.場所は?
駐車場
3.大人は何をしていた?
ドアを不用意に開けた
4.誰が気付いた?
父親
5.家族の反応
病院へ連れて行った
6.治療の経過
3針縫合した
1.どんな事故?
団地の踊り場から3m下に転落し、意識をなくした
2.場所は?
自宅のある団地の踊り場
3.大人は何をしていた?
近所の人と話に夢中になっていた
4.誰が気付いた?
近くの主婦
5.家族の反応
救急車を呼んで病院で受診
6.治療の経過
CT検査で硬膜外血腫がみられ、入院を要した。幸い手術を必要とせず、軽快退院となった
転倒・転落の原因・予防と対策
階段の上り下りに注意
・上り口、下り口には柵をつけて下さい。
・上り下りの際は親が下を歩くようにしましょう。
・階段に物を置かないようにしましょう。
窓やベランダに柵を
・通り抜けられないように柵をつけて下さい。
・踏み台になるものを置かないようにしましょう。
子ども用のハイチェアには安全ベルトを
・食事中に立ち上がらないように安全ベルトをつけておきます。
遊具(滑り台、ブランコなど)で遊ぶ時は目を離さないようにしましょう。

ショッピングカートに乗せるのは危険です。
車のドアや玄関を開けるときに落とさないように注意します。

濡れた床や、つまづきやすい場所を歩くときは転ばないように注意しましょう。
応急処置:転倒・転落の場合
頭を打ったときの応急処置

直後に大声で泣き、嘔吐やけいれんがなければまず安心です。頭を強く打ったときはあとから症状が出ることがあるので、2~3日間は子どもの様子に変化がないか観察します。
出血したら

落ち着いてタオルかガーゼで押さえて病院へ行きましょう。
こぶができていたら

冷たいタオルで冷やしましょう。
こんな症状があったらすぐに119番
・機嫌が悪い
・いつまでたっても泣き止まない
・息のしかたがおかしい
・うとうと眠る、ぐったりしている
・顔色が悪い
・ けいれんを起こしている
・吐く
・耳や鼻から出血