「コラためんなる」目次
感染症の病原体は身近に!
〃
インフルエンザ・SARS(サーズ)/レジオネラ症
〃
0157(オーイチゴーナナ)/性感染症
〃
感染症の予防
〃
ためんなる健康豆知識(4)更年期障害
お知らせ
top
性感染症 若者の間に感染が広がっています。
イラスト(今、10~20代の若者に性感染症が広がっています) 性感染症はどんな病気?
今、10~20代の若者に性感染症が広がっています。
性感染症にはエイズ(後天性免疫不全症候群)や性器クラミジア感染症、淋菌(りんきん)感染症などがあります。症状はさまざまで、目立った症状が現れないものも多いことから、知らないうちに感染しているという例も少なくありません。主に性交渉によって人から人へと感染する病気です。
エイズ
性感染症にかかるとHIV感染率も倍増する!?
イラスト(エイズの主な感染経路には性交渉・注射器の共用・輸血・母子感染があります) エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)への感染によって起こり、体の免疫力を破壊します。HIVに感染した当初は、発熱など風邪に似た症状が出ますが見過ごしてしまいがちです。エイズは発症までに10年近い潜伏期間があるため、発見が遅れたり、その間にほかの人へうつしたりする危険性があります。また、ほかの性感染症にかかるとHIVにも感染しやすくなるので、注意が必要です。
性器クラミジア感染症 性交渉
男性は排尿時の痛み、女性は下腹部痛、おりものが増えるなどの症状が現れます。男女共に症状が軽いため見過ごしやすく、放置すれば、男性は前立腺炎、女性は不妊や子宮外妊娠などの原因になります。
淋菌(りんきん)感染症(淋病) 性交渉
男性は排尿時の痛みや尿道から膿が出るなどの症状が現れます。
女性は一般に症状が軽く、無症状の場合もありますが、発症すると子宮内膜症や不妊などの原因になります。
イラスト(コンドームを正しく使用して病原体の感染を防ぎましょう)
予防法は?
コンドームを正しく使用して感染を防ぎましょう。
性感染症への正しい知識を持ちましょう。
チェック 「もしかしたら・・・」と思ったらすぐ検査
相談・検査が匿名・無料で受けられます
エイズなど性感染症は、早期発見、早期治療が大切です。少しでも体の変化に気が付いたら、早めに相談し、検査を受けましょう。
保健所では、相談や検査が匿名・無料で受けられます。詳しくは、保健所へお尋ねください。
AIDS(エイズ)に関する情報は
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/32/hiv.html
前へ
TOPへ 次へ