「コラためんなる」目次
感染症の病原体は身近に!
〃
インフルエンザ・SARS(サーズ)/レジオネラ症
〃
0157(オーイチゴーナナ)/性感染症
〃
感染症の予防
〃
ためんなる健康豆知識(4)更年期障害
お知らせ
top
O157[腸管出血性大腸菌感染症] O157(オーイチゴーナナ)は夏だけの感染症ではありません。
イラスト(O157は、病原体に汚染された飲食物を取ることで感染します) O157はどんな病気?
0157は、病原体に汚染された食べ物や飲み物などを取って感染することが多く、食中毒の一種です。感染力はとても強く、人から人へも感染するため、周囲に感染を大きく広げる危険性があり、病原体から発生する毒素によって、時に命にかかわるような症状を引き起こすこともあります。また、発生数は、夏場に多くなりますが、最近は年間を通じて発生しており、油断は禁物です。
どんな症状が出るの? 出血を伴う下痢を起こしたらすぐ病院へ。
イラスト(O157にかかると、激しい腹痛、下痢や血便、発熱、吐き気などの初期症状が出ます) O157に感染した場合の初期症状としては、激しい腹痛、下痢や血便、発熱、吐き気があります。血が混じった水のような下痢が出たり、下痢の後に尿の出が悪くなったりした場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。
また、安易に下痢止めの薬を服用しないことも大切です。病原体が腸内にとどまり、かえって病原体が増殖することになります。
予防法は? ほかの病原体(サルモネラ菌、腸炎ビブリオなど)による食中毒と同じ方法で防げます。
イラスト(流水でよく手を洗いましょう)
手洗いを徹底
外から帰宅したときや、調理や食事の前、トイレの後はしっかりと手を洗いましょう。
イラスト(食材はよく加熱し、生野菜は流水でよく洗いましょう)
食材はよく洗い、しっかり加熱
O157の病原体は熱に弱く、75度で1分以上の加熱をすれば死にます。
生野菜など火を通さないものは流水でよく洗いましょう。
イラスト(消費期限などをチェックし、食べ物の保存を慎重に行いましょう)
食べ物の保存は慎重に
生ものは必ず冷蔵庫や冷凍庫で保存し、調理後はできるだけ早めに食べるようにしましょう。
また、冷蔵庫などを過信せず、食べる前に必ず再加熱をしましょう。
イラスト(調理用具は熱湯や消毒剤で殺菌をしましょう)
調理用具は清潔に
調理用具は熱湯や消毒剤で殺菌を。
肉などの生ものと野菜などは、別のまな板で調理しましょう。たわしやスポンジ、ふきんなども常に清潔にしておきましょう。
前へ
TOPへ 次へ