「コラためんなる」目次
感染症の病原体は身近に!
〃
インフルエンザ・SARS(サーズ)/レジオネラ症
〃
0157(オーイチゴーナナ)/性感染症
〃
感染症の予防
〃
ためんなる健康豆知識(4)更年期障害
お知らせ
top
インフルエンザ・SARS(サーズ) インフルエンザは冬場に猛威を振るいます。
インフルエンザはどんな病気?
インフルエンザは、1~2月にかけて最も流行します。感染力がとても強いため、早めに予防接種を受けるなどして予防することが大切です。 イラスト(インフルエンザは1月から2月にかけて最も流行します)
どんな症状が出るの?風邪との違いは?
風邪は徐々に、インフルエンザは急激に イラスト(インフルエンザにかかると、38度以上の急激な高熱・頭痛・寒気・全身の筋肉痛などの症状がでます)
風邪は、くしゃみ、鼻水、37~38度の熱などの症状が徐々に出てきますが、インフルエンザは、38度以上の高熱が急に出ることが特徴で、寒気、頭痛、全身の筋肉痛などを伴います。
予防法は? ●マスクをする●人込みを避ける ●湿度を保つ ●12月までに予防接種を受ける
●手洗い ●うがい
イラスト(マスクをする・人込みを避けましょう) イラスト(加湿器などで湿度を保ちましょう) イラスト(12月までに予防接種を受けましょう)
イラスト(手洗い・うがいを行いましょう) イラスト(手洗い・うがいを行いましょう)
チェック
抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は特に注意!
乳幼児は、解熱剤の種類によっては、かえってけいれんや意識障害を起こすインフルエンザ脳症を引き起こすことがあります。また、高齢者は、肺炎などを併発して重症化しやすくなります。現在は、病原体の増殖を抑える特効薬がありますので、早めに病院へ行きましょう。
イラスト(抵抗力の弱い乳幼児や高齢者はインフルエンザにかかったら特に注意しましょう)
新型肺炎SARS(重症急性呼吸器症候群)とは?
SARS(サーズ)は、インフルエンザとよく似た症状が出ます
イラスト(サーズ(重症急性呼吸器症候群)の流行地域への旅行は控えましょう) SARS(サーズ)は、2003年春に東アジアを中心に感染が拡大し、深刻な事態になりました。初期の症状は、38度以上の急な発熱やせきなどインフルエンザと非常によく似ていますが、感染力はインフルエンザほど強くありません。
今のところ国内での感染はほとんど心配ありませんが、海外で流行が始まった場合は、流行地域への海外旅行を控えるなど十分な注意が必要です。
前へ
TOPへ 次へ